fc2ブログ

どいつもこいつも 

私の子どもの頃は、選挙があると、有権者の多い(つまり都市部の)選挙区では翌日開票が多かったように思います。選挙が終わったら投票箱を集めて翌日まで保管して、夜が明けたら一斉に開票する、という感じで、当然、結果は選挙翌日の午後とか夜にならないとわからなかったはずです。
その点、今はどんな大都市でも即日開票で、おおむねその日のうちに大勢がわかるようになりました。もっとも、中には投票締め切りの午後9時の時報とともに

    当選確実

の人が表示されるという摩訶不思議な現象もありますが。選挙はそれに深く関われば関わるほどワクワクする祭であり、ゲームであり、ギャンブルでもあるようです。競馬で自分が支援した馬が鼻の差で勝った(負けた)ときのギャンブラーの狂喜、落胆ぶりは選挙事務所からのテレビ中継にも見られます。また、選挙は今やビジネスとしても成り立つらしく、テレビ番組は視聴率を競うように特番を作って他局より早く確実な「当確」を打つのに必死のようですし、巷には選挙コンサルタントと名乗る人までいるようです。
アメリカの大統領選挙とて、早く結果を出そうとするはずですが、それにしても現実はほんとうにひまがかかりました。世界の注目を長引かせようとしてわざとあんなことをしているのではないかと思うくらいの長丁場でした。
アメリカでは1千万人になんなんとするウイルス感染のために郵便での選挙がきわめて多く用いられたのだそうですね。非常時だけにやむを得ないのでしょうが、本来はこういう形は締め切りの問題とか、ほんとうに本人が投票しているのかとか、いろいろ問題がありそうでよくないのでしょうが、それでも実施しないわけにはいかなかったのでしょう。そこで現大統領がクレームをつけてくるというドタバタ劇で世界の

    笑いもの

になってしまいました。え? 誰も笑ってない? 私だけ?
これが、どちらかの候補が圧倒的多数であればさほど問題にならなかったのかもしれませんが、僅差の州もあったようで、よけいに時間がかかったのでしょうね。
私もさすがにトランプという人物には辟易していますが、一方のバイデンという人もどういう人なのかいまだによくわかっていません。とにかく今後に期待するばかりです。
それにしても、世間を二分してきわどい判定で一方が勝つ、というのは何だか既視感もありました。そして負けた方が性懲りもなくギャーギャーいって「負けてないもん!」という態度に出るのもそっくりでした。裁判に訴えるという者があれば、勝手な条例を作って勝ったも同然にしようとする者もあります。まったく、どいつもこいつも・・・。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

どうやって受け止めるのか。

タイトルを見て小心者の私は「どいつ」か「こいつ」のいずれかに自分が入っているのではないかとヒヤヒヤしましたが、違っているようでほっとしました。
アメリカと大阪の選挙。いずれも現職の大統領と、現職の知事・市長の信認投票でもあるという点でよく似ていました。そしていずれも岩盤支持層がいる点でも似ています。アメリカに行っての取材はできませんでしたが、大阪のほうは選挙前に職場で何人かに取材しました。岩盤支持層の共通点は、20~40代の男性で、社会に出たときにはバブル後で低成長期であったこと。そして「既存組織は利権でがちがちに固まっている。だから一度大変革しないといけないのです」と言います。きっとそのように思わされているのでしょうけど、彼らをバカ!よく自分のアタマで考えろ!と言ってしまうとそこで終わってしまいます。
アメリカでも大阪(または日本)でも、いまの社会に大きな不満をもっている層がいることは事実です。政治は彼らの不満を受け止めることが必要です。言うは易く行うは難し、ですが。

♫やたけたの熊さん

住民投票が終わって、反対派がもうこれで何もしなくてもいいのだ、と考えるようになってはいけませんよね。
反対派の政党の動きには注目しています。あっちについたりこっちについたりしている政党は何とかならないものかと思いますが、

あの政党ですね

あの政党はご承知のとおり「現世利益」を説く新興宗教団体が作ったもの。ところが政教分離批判にさらされます。そこで政教分離批判をかわすため、つねに強い政治勢力に付く習性ができてしまいました。
強い政治勢力につくこと。そしてその中でちっちゃな成果を出すことに注力しているようです。キャッチフレーズ「小さな声を聴く力」でしたっけ。私の耳には「小さなことだけ聴く力」と変換されて届きます。

あらら、お懐しい。

ああ、このタイトルを拝見して超音速で再生されました。

【どいつもこいつも】

汚い言葉を嫌悪して、TVのチャンネル権を行使していた父が発した。
我が娘を罵る時の、最上級の名言。

ドみそも、くそも一緒にしたような、
下手な口答えで、歯向かうな!!
偉そうに言うんやったら、
洗濯も掃除も全部してから飯も食わんと、言うてみぃ!!

という、品の良い罵りを何度も浴びせられた結果。

味噌もクソも、という言葉の最上級は、ドみそもクソ、だと信じて。
長い間、笑いものになっていたのでありました。

パパ、恨んでませんコトヨ。
そこそこ、センスが良いと思ってるわ。

あ、忘れてました、トランプさん。
彼を信じて投票した人のご心情は、本当に切なくなりますが。

選挙権がまがい物にできるって、そら、アカンやろ・・
52枚の札ではねぇ・・(それはチャウやろ) 博打をするなら花札の方が手が込んでマシテヨ。

バイト大統領を、せっせと世界にオモテナシした、♪ドあほのアンベさんは、どう思って居られるでしょう。

あ、違った。
あの人、ゴンべさんじゃないのか、アベさんか。。  

  • [2020/11/12 20:04]
  • URL |
  • ド・味噌な、押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

🎵やたけたの熊さん

投票直前にわざわざ「小さなことだけする力」の政党の親玉を呼びつけて「賛成してください」と言わせたのは「来(け)ぇへんかったら次の選挙がどないなるかわかっとるやろな」とすごんでいるように感じました。そして脅しにひれ伏すようにのこのこやってくる方も見識というものを持たないのかな、と思います。前の知事・市長選で民意が示されたから賛成に転じた、と言っていましたが、それなら今回の民意も受け入れてまた反対に転じるのでしょうかね。

🎵押しegoさん

ド味噌もクソもですか。
ド味噌が「ドド◯さ」姉さんなら、押しegoさんは「クソ」なのでしょうか。
昔の警察は言葉も怖かったのですね。

バイト大統領の次がバイデンで、合わせて「日本よバイバイ」とおさらばされなきゃいいですが。
能天気知性欠落総理のあとは陰気品性下劣総理。
まったく、どいつもこいつも・・

陰気・・・

ドあほのド味噌を昇華させた、あのネーミングセンス。
センセが今も覚えて居てくださっていることに感激です、パパ良かったね。

姉と違い、能天気でおバカなわたくしですが、かろうじて糞ったれとは言わさなかったのも。
某女子大でセンセの好評価を頂いだお陰様でございます。
これは本当に。

父がセンセの著書を手に取りながら、不詳の娘を糞ったれと言えない、あの苦い顔をお見せしたいです。

そうそう、呑気なアンベさんの次は。
まさかの陰気さんに、決まってしまいましたよね。
党員でないから、発言権も無いけど、

まぁ、、地味に満ち溢れた沸点の低い陰気のお手本でいらっしゃいます。しかし、政治家たるもの本来は。

声高に吠えときゃエエってなもんじゃないので、あの人なりに地味ぃぃぃぃに長期政権を握るだろうなぁ・・。

令和が何年続くのか、怖い。。



  • [2020/11/13 19:49]
  • URL |
  • クソったれは阻止した・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

🎵押しegoさん

お姉さまはインテリで、妹君はそれに加えてブラックにも対応できるセンスがあり、ご尊父様、ご母堂様はすばらしいお嬢様をお持ちになりました。
某女子大ではピカイチでしたからね。
あの陰気な人、長く続きそうですか。私は全然評価しなくて、人望もなさそうに見えたので、短期のつなぎだとばかり思っていました。
まあ、前の人もぜーんぜん評価していなかったのに長持ちしましたけどね。

脱線は続くよ、ド何処までも

あ、しまった。
先の送信で、いつもながら間違ってしまった気がする・・。

@糞ったれとは言わさなかった
・・言わさなかった。って、間違いですよね?

@言わせなかった。が、正解?あれ?
 
・・・〇●とは言ワサヘンデ!!
っという、言わさないって、関西弁なのでしょうか?あれれ?

と、米国の選挙に始まり、かつてのゴンべさんに飛躍し。
果ては方言をお尋ねするって、やはりわたくしは。
ド厚かましい、コン畜生でございます、ハイ。

※陰気なのお手本の話は何処に行った。。期待していない人なので、今後の変貌ぶりにしか興味が持てません。

  • [2020/11/15 05:40]
  • URL |
  • 教えを請いたい・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

🎵押しegoさん

「言う」の使役形として下一段活用の「言わせる」がありますから、「言わせなかった」が基本だと思います。
でも、五段活用でも使いますから「言わさない」も可能でしょう。

昼ごはんを済ませずに
昼ごはんを済まさずに

もどちらもペケではないでしょう。
なお、私は国語学は大の苦手なので信用しないでください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5546-01606597