fc2ブログ

ひどい目に遭った3月 

日頃のおこないが悪いと災難がやってきます。弱り目に祟り目とか泣きっ面に蜂とかいいますが、この3月はそういう月だったようです。
3月3日に雨上がりの道で足を滑らせて膝を強打。骨折や内出血を覚悟していましたが、それは免れました。それでもしばらくは膝をつくと痛くて収まったのは月末でした。
月の半ばにスマホを紛失しました。電話を掛けてもらってありかを探ると、なんと、寝所の隙間深いところに落ち込んでいました。手を伸ばしても届かず、やむを得ず家具の大移動をしました。そのときに痛めたにしてはタイムラグがあるのですが、あの膝の打撲からそれからちょうど2週間後に襲ってきたのが腰の痛みでした。疲れがたまっていたのでしょうか、とにかく身動きするのもつらく、横になった状態からは、何かつかまるものがないと起き上がれません。
たまたま翌日が病院に行く日だったので、相談すると、やはり

    整形外科

に行けとのこと。やむを得ず行ったらMRIは予約がいるのですぐにはできないから、というのでCTを撮りました。この病院のCTはなかなか立派なもので、被曝量もきわめて少ないすぐれものだそうです。結果は異状なし。「2週間後に痛みが残っていたらもう一度来てください、MRIを撮りましょう」とのことでした。しかしCTに加えてMRIとなると合わせて1万円くらいはかかりそうで(笑)勘弁してほしいのです。そのため2週間の間に何とか回復してくれと念じたのですが、一進一退。咳をすると響き、くしゃみをすると痛み、湿布なんて役に立ちません。
既にその日から10日目になりました。もうだめか、と思っていたところ、なんと、一気に楽になってきたのです。おかげさまでMRIは免れました。これも月末のことでした。
とどめは

    黄砂

でした。29日に、空を見上げると晴れているのか曇っているのかわからない空模様です。地面を見ると陽は射しているはずなのに、空が青くありません。私は黄砂の中を長い時間歩くのが恐ろしいので、この日はじっとしていました。それにしても砂漠の砂って無尽蔵なのでしょうか。高校野球で選手が持って帰る甲子園の土にもいくらかは黄砂が混じっているのかもしれません。
結局、この1か月は何もできず、今年の「春休みのしゅくだい」は不合格でした。
4月は何かいいことがありますように。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5682-f64c1554