fc2ブログ

「簑助」の名跡 

とてもデリケーリトな話なので、書くのをためらたのですが、遠慮せずに申します。

引退されても、簔助師匠は簔助師匠です。三代目相生太夫は引退されると同時にお弟子さんに四代目を譲ってご自身は相生翁と名乗られました。先代玉男師匠も一時は同じようなことをお考えになっていたみたいです。
さて、気になるのは、簔助師匠はこのお名前をどうしようとお考えなのだろうか、ということです。もともとこの名跡は三代目吉田文五郎(1869~1962)のご本名の巳之助から来ています。文五郎師匠は、初名を本名のまま吉田巳之助とおっしゃいましたが、その後「簔助」と改められ、桐竹亀松を経て三代目文五郎を襲名されました。そして二代目桐竹紋十郎師匠(1900~1970)が初代文昇から二代目簔助となり、その後、紋十郎を名乗られたのです。よって、我々の知る簔助師匠は

    三代目

ということになります。簔助師匠はこのお名前にとても愛着がおありと思われ、本当ならもっと大きな名前を襲名してもよさそうなのに、ついにこのお名前で現役を通されました。
引退されてもお名前を改められるとは伝わってきませんから、このままで通されるのでしょうか。そうだとしても、この師匠のことですから、四代目をどうするかということはお考えになっているのではありますまいか。
勘十郎、清十郎の名前を復活させた方であり、今の玉助さんの襲名のときに、名人の名跡というのは継いでこそ価値がある、という意味のことをおっしゃっていました。
とても

    華があり、

文五郎、紋十郎、簔助と名人三人が名乗られた名跡ですから、ぜひこのまま埋もれさせずに後世につないでほしいと私は思っています。
とはいえ、何と言っても人気実力ともに抜群の簔助師匠のお名前ですから、めったに継げるものではないでしょう。
今、どなたに継いでほしいということは言えないまでも、お弟子さん方も実力者揃いになってきました。どうかいい継承がありますようにと願わないではいられません。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5702-05184a3d