fc2ブログ

身内の言い逃れ 

平和の祭典と戦争を一緒にしてしまうのはどうかと思いますが、今の政府やオリンピック関係の政治家のしていることを見ていると、戦争に突き進む軍部の面影さえうかがえるのです。IOCに「あんたらは強い」「日本人サイコー!」とおだてられて、自分たちが一生懸命になればウイルスなんて敵ではないと思い始めているようで情けなくさえなってきます。
前の総理大臣が言い出して、今の人もしばらくの間は言っていた「ウイルスに打ち勝った証としてオリンピックを実施する」ということばは、まさに

    進め一億火の玉だ

の精神に近いように思います。頑張れが何とかなる、今に神風が吹く、みんなで渡れば怖くない、と国民を煽っているだけに過ぎないと思います。
何の根拠もないたわごとで強がって見せる、いかにもあのぼんくらな前総理大臣らしい言い方でしたが、残念なことにそれに乗せられた人も少なくないのだろうと思います。
ちなみに、今の総理大臣はウイルス蔓延の収束の兆しすら見えないこともあって、もう「打ち勝った」とはいえないのでしょう、最近は「IOCが実施すると決めているんだから、おらは知らねえだよ」などと急にもごもごとショボいことを言い出しています。
権力を持ってしまうと、自分のしていることは正しいと妄信してしまいますので、本当に正しいことは何なのかがわからなくなるのです。こういうときに強く説教するブレインがいなければならないのですが、イエスマンばかり揃えているようなのでますますものが見えにくくなってはだかの王様と化してしまうのも当然ということになります。
古代中国の思想家というのは、為政者に手厳しいことも言いましたが、それに耳を傾ける為政者はまだよかったのです。こいつは王たる自分に逆らうのか、と迫害するような者は必ず失敗し、ブラックな歴史として書き残されることになります。
私は昭和史については詳しくないのですが、戦争に突き進んだ人たちもこうして道を誤ったのではないかと思えてなりません。
最近読んだ吉田修一さんのハードボイルドタッチの小説『太陽は動かない』の中に、中国の若手政治家が熱っぽく今の政治を語る場面があります。その中でこの人は、権力を持っている一部の政治家たちが「必要悪」という名のもとに非道なふるまいに目を瞑っている現実を憂え、さらに

    「よそ者の正論

よりも、身内の言い逃れを信じる者が多いんだ」と言います。
作者は中国の話にしていますが、こういうことは世界のどこを見渡してもありうることですし、政治の世界だけでもないでしょう。おそらく企業でもそういうことはあるでしょうし(知らんけど)、なさけないことに学校でもある(これは知っています)ことです。
それが世の中を渡っていく方便というものだ、という

    「わきまえた人たち」

の論理です。表向きは平等だとかまごころだとかきれいな言葉を口にしていながら、実際にやっていることはおよそきれいなものとは言えないのです。そして、たいていの人はそれに追従していきます。
人生も終わり近くになって、私は今なお「まるくなる」どころか、こういう不条理に関してはカッカと燃えるほどに許せないでいます。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

ブレーン

耳障りの良いことを言われたら誰でも気分が良くなります。たとえ人格に多少問題があっても。
いま内閣官房参与、つまり首相のブレーンに高橋洋一という人物がいます。このひと、大蔵官僚を振り出しに、小泉政権のブレーン・竹中平蔵氏を補佐する仕事に就きました。その後、東洋大学・教授になります。ところが、あろうことかスーパー銭湯でひとさまの高級腕時計と現金をパクりました。もちろん大学は懲戒解雇されました。
次になぜか嘉悦大学・教授になり返り咲きました。大阪市特別顧問にもなりました。いわゆる都構想では、デタラメな数字をあげて大阪市を無くしたら財政は黒字になると主張しました。この主張を根拠に維新の人たちは「大阪市をなくせば大阪の未来は明るいキャンペーン」を繰り広げたのでした。
先日(5月9日)、この人はTwitterに「日本のコロナはさざ波。これで五輪中止とかいうと笑笑」と書いて炎上しています。
いま日本の首相には、こんな人がブレーンとして「活躍」しています。いやはや。

🎵やたけたの熊さん

きれいな表現を使うと、「波乱万丈の人生」の方ですね。
「世にはばかる」悪童がそのまま大きくなったという人でしょうか。
こういうのを大学教員にすると、えらそうにするだけでろくに働かないのが多いのです(全部が全部とは言いませんが)。嘉悦大学って知らないので調べたら、この方の所属する学部は来春廃止らしいです。学生が集まらないのでしょうね。
Twitterの投稿は私も見ましたが、要するに身内(自分を支持してくれる者)にウケるように書いている、という印象でした。支持しないヤツらはバカだからほっとけばいい、という、維新的発想の人だと感じました。
腕時計の件では逮捕されなかったのに解雇した東洋大学。さざ波発言は個人の発言だから関与しないという政府。どちらがまともなのか、よ〜く考えてみよう!
情けない話です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5722-6ba216c3