fc2ブログ

育つのか、朝顔 

昨年採取した朝顔の種を入れておいた袋がどこかに行ってしまいました。グラジオラスの球根などと一緒に決めたところに置いていますのでなくなるはずはないのですが、ないものはないのです。
残念ながら、今年の夏は朝顔を観ることはないのだな、とあきらめました。ところが、袋に入れた種とは別に、小さすぎて芽は出ないだろうから、と思ってはだかのまま放置していたものがあったのです。普通の種の半分くらいにしか見えない、ほんとうに小さなもので、まるでパワーを感じないものでした。
しかし、種であることには違いないのだから、ダメでもともと、蒔くだけ蒔いてみようかと思ったのです。
いつも私は朝顔の種を蒔くときは先端を少し削って芽を出やすくするのですが、この種はあまりに小さくて、指で押さえることも難しく、カッターで削ろうとしても、うまく削れないばかりか、手を怪我しそうな悪い予感がしました。
それで、しばらく

    水につけて

芽が出やすくなるようにしました。一晩つけておこうと思ったのですが、うっかりして2,3日放置してしまい、気が付いた時には種の一部からほんのわずかに芽が出そうになっていました。
慌てて土に移し替えてやると、数日後にはけなげにも種を持ち上げるように芽が伸びてきました。やがて種の殻は落ちて、何となく弱々しげには見えるのですが、茎が伸びて

    双葉

が開きました。ここまでは何とか朝顔らしい成長です。しかし、本葉がなかなか出てきません。こんなに暇がかかるものだったかな、と思うくらい姿を見せないのです。
しかしこれも何とか現れました。あの小さな種からここまで成長しただけでもうれしい気持ちになります。さてこのあと、ぐんぐん大きくなって花が咲くまでになるのでしょうか。
見た目にはまだ頼りなくて心配ですが、親はなくとも子は育つと言いますから、水やりに気を付けながらしばらく見守っていこうと思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/5763-df2b1d19