fc2ブログ

つ、つかれる 

やってきました。

  魔の水曜日

昨日は7時40分ごろに出勤して、資料作りをしてから4コマの講義系授業。終わるのが5時50分。
さすがに最後は喉が痛くてしかたありませんでした。

皆さんあまり実感がわかないと思うのですが、私は自分の声があまりよく聞こえません。となると、声の大きさの調節が難しいのです。
こんなもんかなと思って出していると

    うるさい!

    声が小さくて意味不明!

という、両様の非難が返って来ます。

この時間割の救いは2時間目が空いていることです。昼食もゆっくり摂れますし、10:30から13:00まで休めるので助かります。
しかし午後の3コマ連続は絶対にからだに悪いです。
私の研究室と教室の間には妙な距離があって2~3分かかります。すると、10分休憩のうち半分を行き帰りに使うのです! 部屋に帰って手を洗って、ため息をついたら(笑)すぐ次へ行かねばなりません。

何度も申しますが、小学校の先生はエライ!

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

文楽の人形遣いさん、特に若手がすごいと思うのは、第一部と第二部の間が30分そこそこの時など、ほとんど朝から夜まで何か仕事をしているということです。
役で出て、左で出て、足で出て、介錯して、師匠の用をして、稽古して、袖から舞台を見て……。

私も学生の頃はそんな感じでしたが、やはりもうまねできませんね。
というか、今、まねしてるんですが(笑)先行きが心配です。

    悪夢の水曜日

まだ始まったばかりです。これからも適当に息抜きしながら頑張ります。

ふと思うのですが、私は今文楽で言うと

    左遣い

の時期にあたるのかな?
へたな左遣いです。

スポンサーサイト



コメント

主遣いですやん。

藤十郎さん、ご謙遜を。
千本なら忠信、沼津なら十兵衛あたりの主遣いをされてることと思います。

私は、敵役が似合いそうです。
でも私、ブキッチョ~大阪弁で不器用~ですから、足すら無理です。

♪やたけたの熊さん

千本なら善太の、沼津なら池添の左くらいじゃないでしょうか。
そこまでさせてもらえたら御の字というくらい役に立たない教員なのです。
熊さんは玉也さんの持ち役がうつるかも。
足は難しいですよね。私もブキッチョです。

お疲れ様でした。

若いっていいなあとしみじみ思う最近です。
自分の声の大きさがわからないと、声の調節が難しいですね。
携帯に自分の声の音量がわかる機能が付けばよいですね。
ついでに相手の声を拾って文字化してくれたらよいですねー。
いつか実現する日がくるのでは?

♪おそらさん

病院などの予約を電話でするのがありますよね。
相手の機械の指示通りに何度も番号や日時を押していく方式のものです。
あれも私にはかなり厳しいですね。
自分の声の大きさが分かる教室がほしいです・・(笑)。

お疲れ様です

毎週水曜日は大変ですね。
ゆっくりされたい木曜日も、これまた気を遣う面の多い会議ですし、ボチボチと抜きながらやってくださいね。

小学生なら「声、ちょーどいいよー」と遠慮なしに言ってくれましたが、大学生はなかなかそうはいかず、心労多きことお察しします。
教室の開発、どこかやってくれませんかね~。
工学部の友人にでも提案してみます(笑)

♪ベー娘さん

学校の教員には声の小さい人がいますよね。そういう人の声がきちんと届く魔法の教室があるといいなぁと、冗談ですが思うわけです。
ベー娘さんはOKですよ、きっといい声してるはず。口調がややおばちゃんだそうですけど(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/600-ea470f79