fc2ブログ

SNS依存症 

私は多分SNS依存症だと思います。
このブログも、Facebookも、Instagramも、Twitterもアカウントを持って、ブログは毎日、Facebookは週に4~5日、InstagramとTwitterは月に2~3回、何かしら書いています。
マメだとかそういう話ではなく、何か書いていないと不安になるというのが正直な気持ちです。完全に依存症ですね。私生活についてはかなり隠しているというか、言わないことの方が圧倒的に多いのですが、それでも日常のつまらないことや愚痴を延々と書いているのです。
何しろ人とのコミュニケーションがほとんどないので、常に

    「私は誰ともつながっていない」

という不安と背中合わせの状態です。
授業をしていればまだ声を出すだけましなのですが、今はほんとうに話すことが少ないのです。ましてこのご時世ですから人と会うことはさらに減り、目の前に人がいるということ自体が珍しいことになってしまいました。気晴らしというとせいぜい散歩ですので、歩いている間は誰とも話などしません。
このあいだ、「幸せな人はSNSをしない」という、意見をネット上で見つけました。わりあいによく言われていることなのかもしれませんが、私は初耳でした。そんなことはないでしょう、と思いつつ、(他の人は別として)自分に当てはめてみると真っ向から

    否定できなく

なってしまいました。
たしかに、人と対面して話したり笑ったりできないというのはあまり幸福なことではないような気がします。
広島の人が、正月には大笑いをする習慣があると言っていました。「今から笑うぞ」といって、全員が意味もなく大笑いするのです。私はその現場にいたことがあるのですが、実のところあっけにとられたというか、最近の言葉でいうなら「引いて」しまいました(笑)。でも、見ていてとても幸せそうに思えたものでした。そこまで極端な笑いでなくても、私はもう20年くらいは声を出して笑うということをしていないような気がするのです。
笑いはやはりコミュニケーションから生まれるもので、それが証拠に、電車の中でひとりで笑っている人がいると異様な感じがするはずです。
私はもともとあまり感情をあらわに出す方ではないのですが、笑いの感情は出せるものなら出した方が幸せですよね。そんなわけで、SNSではしょっちゅうくだらないことを書いては「(笑)」というのを入れているのかもしれません。
「幸せな人はSNSをしない」というのが仮にいくらかでもあたっているとしたら「あまり幸せでない人はSNSで幸せな気持ちになっている」ともいえそうで、その意味では私もけっこう幸せ者かもしれません。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6046-35af2289