fc2ブログ

宴のあと 

この間、夕方の5時過ぎにスーパーに行ったのです。どうしても欲しいものがあったので時間を気にせずに行ったのですが、どういうわけかまったく混雑していませんでした。レジなんてがらがらで、手持無沙汰のレジ係の人は一生懸命タフレン(薄い透明のポリ袋)を、肉や魚にさっとかぶせられるように準備していました。あの姿を見ていると、日本人は(といっていいのかどうかわかりませんが)まじめ、片時も休まないなぁ、と思います。もちろんそうするように指導されているのでしょうが。
それにしても、5時台って混まないのでしょうか。けっして小さなスーパーではなく、駐車場が(ホームセンターと共用ですが)数百台もあるような大規模店なのです。4時台は夕食準備のための人で混み、6時台になるとまた割引狙いの人が増えるのかもしれませんが、いささか拍子抜けしたのです。必要なものを買って並ぶことなくレジも済ませてふと気がつきました。その日の前日は月に一度の

    大安売り

の日でした(いまどき「大安売り」って言わないか・・)。前日にまとめ買いをした人は、この日は買い物に出なかった、ということもあるかもしれません。いわば「宴のあと」だったのです。
バーゲン(そうだ、「バーゲン」っていうんだ)になると目の色が変わる人は少なくありません。かく申します私もバーゲンは好きです。ただ、大混雑でレジは長蛇の列というのは、それだけで疲れてしまいます。しかしそんなことはものともせずに一日に二度も三度も行く人もあるようです。「おひとりさま1個かぎり」などという場合は買ったものを車に積んでまた戻って同じものを買う、という人もいるようで、その

    たくましさ

には感心してしまいます。
そして、バーゲンという宴のあとはなんともけだるい物悲しさのようなものがあります。それがあの夕方の閑散としたスーパーの風景だったのでしょうか。
文楽ファンの方々と一緒におこなっていた「だしまきの夕べ」という懇親会がありました。これはもうたいへんな盛り上がりになるのです。普段おとなしそうな人が饒舌になったり、普段からよくしゃべる人はさらに機関銃のようにしゃべったりして、飛沫の飛ぶことといったらありませんでした(笑)。今、あれをやったら店を追い出されそうですね。
私はぼんやりとみなさんの楽しそうなお顔を眺めていることが多かったのですが、それでも楽しかった記憶しかありません。しかしあの会ももうおこなわれておらず、なんとなく悲しい気分になります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6059-aa5f4d92