fc2ブログ

憲法を恣意的に 

6月21日に国会が終わりました。
私は予算委員会のテレビ中継も観ませんし、国会の議論はせいぜい新聞でおさらいする程度です。この国会でどのような法が制定されたのかもほとんど知りません。きっと立派な法ができたのだろう、と眉に唾を付けながら理解しておきます。
国会の終盤になると、野党は内閣不信任案を提出することがあります(今回もありました)。これが可決されると内閣総辞職か衆議院の解散がおこなわれます。しかし何と言っても数の少ない野党のすることですからすぐに否決されるのです。それでも、野党として今の政府はおかしいぞということを明確にするためには必要なことだとも言われます。一方、形式的に「野党も頑張ってます」と言いたいだけだから意味がない、という人もいます。これに限らず国会の形骸化は至る所に見られ、前例をあまり顧慮しない若い世代から見ると「このおじさんおばさんたち、何やってんの?」ということになりかねません。
こういうことに輪をかけてびっくりしたのは、与党の人が「不信任案を出したら解散する大義がある」と言っていたことです。
世に言う

    七条解散

というのを私はまったく正しいと思いません。いつの間にか「解散は首相の専権事項」という言葉があたりまえのようになりましたが、どこからそんな考えが出てくるのか、不思議ですらあります。憲法七条は「天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ」として、その三号に「衆議院を解散すること」を挙げています。この条文のどこから「首相の専権」という話になるのか、憲法学者の講義を聴いてみたいです。
素人が勝手なことを書きますが、私は時の政権担当者が自分の都合のために憲法を恣意的に解釈しているとしか思えないのです。こんなことがまかり通るものなのでしょうか。
与党の人間もうしろめたいことがあるからか、

    「大義」

を求めようとして、先述の「不信任案提出が大義になる」という、荒唐無稽な理屈をひねり出すのだろうと思います。もし「専権事項」なら「大義」なんてそもそも必要ないことです。「大義」を野党の不信任案に求めるのは「あいつらのしわざだ」ということでしょう。
野党の「承認欲求」のような不信任案提出も旧態依然かも知れませんが、ときの与党(民主党政権を含む)が勝手に解散するのは許されないことだとすら私は思います。
・・って、一人で怒っていてもしかたがないかもしれません。どこかの新聞社が大キャンペーンでも張ってくれないものかと思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

イギリス

議会制民主主義の先輩・イギリスでも首相の独断での解散が問題になっていました。そして今では任期固定制度になり、首相が独断で解散できなくなりました。
なんでもイギリスを見習おうとは思いませんが、問題のある制度を修正する良識のようなものが日本よりもあるように思います。

就労できない息子で・ごめんね解散

謹んで、センセの問いかけに、強く賛同いたします。

@天皇は、内閣の助言と承・・・・「衆議院を解散すること」~

この条文のどこから「首相の専権」という話になるのか、憲法学者の講・・・。



勿論のこと、憲法を学び倒して議論できるほどの学習はしておりませんが。

上記の条文の。、主語の立場で考えた時。



時の首相が、(気に入らない人であろうと、文句は言えない)

Q;決めたいので、ご査収願いあげます。
 と、(そんな軽い言葉で聞かへんやろけど・・)事後報告したことに。

A;いや、これって。  今、決めなくて良いかと思います。
どの省庁に相談すればいいのか?

 海外の情勢に詳しい妻の意見も含めて、わたくしも熟慮したい。

 憲法に反する行為にならない範囲内で、今一度、踏みとどまって頂きたい。

 

と、言わせてもらえる権限が曖昧な条文に、抗いたくても。

決して、言わせてもらえない。

結果報告を黙々と、こなすだけの責務って、本当に辛いだろうなと思います。

バリバリ仕事が出来るのに、何一つ、質問するな、
調印だけしろと義務化された人生。
過酷というか、優秀な人であればあるほど、
生き地獄といっても過言ではないと思います。

まあ、今の首相さんは、一応。

一億総玉砕を信じていたトウジョウ・唱和コンビに、追随するような、アホではないと信じたいのですが。

(ここを実名化して、センセのお庭を荒らしてはアカン)



あの人もねぇ・・・、身内に甘すぎてるというか.....

就職できない、社会適応能力のない学歴だけの若者に甘すぎるというか・・・。

不安は消せません。あ、ところで、表題の解散タイトル、文春さんに売れないでしょうか?(却下だろう)

(あのご一家のご苦労を、我が身に置き換えて本気で慮るが故の、超絶的・個人的な私見です、はい。

仮に、独身女性が実家(皇居)に残り、親を慈しむことに税金を使う法案なら、素晴らしいと賛成いたします。

  • [2023/07/02 20:26]
  • URL |
  • 無職でごめんね・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♫やたけたの熊さん&押し得子さん

ほんとうにはずかしいくらい法や制度には疎いのですが、法は弱い者のためにあるので、権力者が法を振りかざすこと自体が好きではないのです。まして憲法ですから。
こういうことになると「イギリスはイギリス」とか言い出すのでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6510-7b24e366