fc2ブログ

ジェンダーギャップ 

私は長い間女子ばかりの学園に勤めてきましたので、最近の男の子の生活実態をほとんど知りません。何を考え、どんな言葉を話し、どんな生活をしているのか、わかるようでわかりません。女の子経由で「俺がするっす」とか「あっざーす」とか言っているらしいというのは知っていますが、実際どんな顔をしてどんな思考をしているのか、謎なのです。
私が教えた女性たちもどんどん結婚していきましたが、配偶者の話をチラチラ聞くことがあります。すると、今でも昭和時代のおじさんのような若い男の子がいることに気付きます。「俺はお前(奥さん)を養っている」と公言する、家事はしない、休日はパチンコ、子どもの世話は気が向いた時だけ。「『子どもを見ておいて』と言ったら、ほんとうに見ているだけで、何もしてくれない」とぼやいている女性もいました。
昔に比べて男女差別が減っているのは教育現場では実感します。明治時代じゃあるまいし、「女は大学なんて行かなくていい」などという人はまずみかけません(ゼロではないでしょうが)。学校の教員も男女の比率がずいぶん変化してきて、女性が相当数いるようになりました。大学の教員を採用するとき、男女平等の観点から、「同じような評価のできる人が二人(男性と女性)いた場合は女性を採用します」と決めているところもあります。
ああそれなのに、それなのに、WEF(世界経済フォーラム)が6月に発表した今年のジェンダーギャップ指数は悲しい結果でした。
首相が女性で閣僚や議員も女性が4割以上を占めるという

    アイスランド

が最高で(この発表が始まって以来ずっと第1位)、そのあとはノルウェー、フィンランドと、北欧の国が続きます。さらにアーダーンさんが首相だった(今年の1月に退任)ニュージーランドを挟んで第5位も北欧のスウェーデン。
G7諸国ではドイツの第6位が最高で、アメリカは43位でした。そして日本ときたら、韓国(105位)や中華人民共和国(107位)より低くて、146か国中

    125位

だったそうです。もちろんG7では最下位。特に政治分野だけに関して言うなら、今なお女性首相が一人もおらず、閣僚や議員の女性の比率は低いことが大きく影響して138位(ほぼ最下位)なのだとか。
全体の最下位は相変わらずアフガニスタンでしたが、だからと言って「アフガンは残念な国だな」などと他人事の方に思ってはいけないのですね。
報道の自由度ではやはりノルウェー、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、フィンランドという北欧諸国が上位に入ります。G7で最高なのはカナダの15位、次いでドイツの21位、フランスの24位、イギリスの26位、イタリアの41位、アメリカの45位と続いて、日本はやはり最下位の68位。
全体の最下位は180位の北朝鮮(179位は中華人民共和国)ですが、これはいくらなんでも参考になりません。
日本はあたかも自由な国であるかのように自称してはいると思うのですが、こういうランキングを見せられるとまったく話にならないほどひどいのが実情だとわかります。
政治の世界を見渡すと、80歳を過ぎたおじいさんたちが相変わらず「実力者」とかいって大きな顔をしていて、その人たちに「後見人」になってもらった人が首相の地位に就くという、まことにばかばかしいことを続けています。
この小さな島国で内向きになっているだけでは「井戸の鮒ぢやといふたとへがある」と高師直さんにからかわれそうです。
閉塞した今の状況では目先のことしか考えられない人が多すぎて今にも倒れてしまいそうです。私の知っているどこかの大学も同じだな、と情けない気持ちになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

数多くの国連勧告

日本はたくさんの国連勧告を受けています。先進国ならば是正するべしと。

ジェンダー差別の他に、子どもの貧困問題、民族的マイノリティ(アイヌ、在日コリア等)差別、非婚の両親から生まれた子どもの戸籍上の差別的規定、障害を持つ子どもも普通教室で教育を受けるインクルーシブ教育の遅れ等々。とくに「人権」に関することが目立ちます。

また、数多くの国連勧告を受けていることをマスコミは大きく取り上げません。このあたりも「報道の自由度68位」という位置付けなんでしょうねぇ。

国連勧告といえば、難民認定も国連の認定を無視してますね。


そして、藤十郎さま、迎籠のつづき…お書きになってくださりませ。次のアップまで復習しておきます。

🎵やたけたの熊さん&おみつさん

内向きの国ということでしょうか。
『迎駕籠』はなかなか読めなくて、まもなく「芝居側」の段をご紹介しますが、その先はまだほとんど書いていません(^_^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6515-8133539f