fc2ブログ

怒り 

動物を見ていると、喜怒哀楽の表情の乏しさは人間の比ではないと思います。陽気な人間なら大声で笑いますし、若い女の子なんて、人をペチペチと叩きながら(笑)ケラケラと声を挙げます。泣く時も目を真っ赤にして肩を震わせて、激しい表情をすることが少なくありません。動物の場合はめったに涙は見せませんし、ケラケラとは笑いません。もちろん、しっぽを振るとか丸めるとか、感情の表出はありますが、顔だけを問題にした場合はあまり大きな変化はないと思うのです。
唯一動物の感情ではっきりしているのは「怒り」だと思います。牙をむく、いつもとは違った声を出す、自分を大きく見せる、目を怒らせる、実に明確です。ただ、狩をするときは、怒っているというよりは相手をしとめるために威嚇しているともいえるでしょうが。戦いの顔は怒りの顔。怒りがあるから戦うのでしょう。戦争をしている国の首領の顔はどれもこれも怒りに満ちて醜いものだと思います。
私は長い教員生活の中で、少ないとはいえ、怒ったことはもちろんあります。ときには感情に任せてしまったこともあって、今思うとそのときの学生さんには申しわけないくらいです。ただ、教員生活が終わりに近づくにつれて怒る回数は減ったと思います。年齢を重ねることで

    人間が丸くなった

という事情もあるかもしれませんが、怒る必要がなくなったことも原因のように思います。国文科の学生さん相手のときは、どうしても専門的なことも話したくなって、学生さんを悩ませたかもしれないのです。すると彼女たちはさっそくおしゃべりを始める、それをやめない、というわけで怒ってしまったのです。ところがそれ以後は専門外の人に話をするので、徹底的に

    「わかりやすく」

ということを意識するようになったのが奏功した可能性があります。そのためには、映像を用い、紙芝居も用い、いろんな手段を工夫して飽きないようにしてきました。こういうやりかたは昔の大学ならあり得なかったかもしれません。大先生が難しい話をしてこそ大学である、というのはたしかに事実だろうと思います。しかし、私の場合は大先生ではない(笑)のでむしろ簡単な話の方が得意だったのです。それに加えて根っからのお笑い好き。人を笑わせることには労を惜しまないところがあります。逆に人を怒らせたり悲しませたりするのは苦手。
それだけに、本気で怒りたくなる場合のさじ加減というのがあまりよくわかっていません。実は今でも本気で怒りたくなることがあると、自制できない感覚に陥ります。それを何とか抑えながら生きるのもしんどい話です。
これがテレビドラマであれば「エライ人」を怒鳴りつけてあいてを平伏させるのかもしれませんが、タヌキだらけの世の中ではなかなかそうもいかないのが現実です。
どうも長生きできそうにありません(笑)。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

叱られている自覚は、心得ております。

謹啓 と言っても、もう遅いのですが。。

これは、お叱りなのだろうか、お怒りなのだろうか・・

センセはもう、わたくしの資質を諦めて下さっているでしょうから、お怒りではなく窘めて下さっているのだろう‥。

たしなめる、って美しい言葉ですよね。 叱ると怒るの、ちょうど良い中間の言葉だと思います。

どっちにしても、
無駄なコメント送信への注意喚起と、謹んで承りました。

さ、源氏に逃げようかな?
あ、袈裟にしようかな? 
酷暑を感じさせない、忠岑様もいいかな・・
雷、だけでなく雷雨を待っています・・ かしこ

  • [2023/08/26 05:01]
  • URL |
  • 資質もない・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♬押しEgoさん

いやいや、かわいい押しegoさんにはなんのかかわりもねえこってございます。
本当に世の中には困った人間がいるものです。もちろん私もその一人なのだと思いますが(笑)。

押しegoさま

このところ「怒る=悪いこと」のような風潮がありますが感情を適当に出すのは精神衛生上に必要なことです。もちろんむやみやたら怒るひとには誰も近づきたくありませんが。

※お気遣いいただきまして、ありがとうございます(来年業務連絡でした)。

ご講義、録音しときたかった・・

センセの授業は少人数だったので、教室はシーンとしていて。
あつかましい私ですら、ガハハと笑うことは無かったのですが。

大人数の教室では、
〇ク●ま先生の笑わせるおつもりではない箇所で、
ついつい、思わず声をあげて笑ってしまいまして・・

結果、罰として色々と苛めていただきました。

講義中に、いちいち、私を名指しなさりつつ。

今日は興味がなさそうだ、とか。
試験が近いのに聞いてなさそうとか、

わざわ大教室でマイク越しに仰るのは、本当に勘弁して頂きたかった。
まぁ、美人の友人が傍にいる宿命だろう・・恨むわ。私にも責任はありますが。。

そうそう、センセのご講義が少人数だったのは。

見知らぬ講師の授業を選択するか?
みんな、おっかなびっくりで選択を躊躇ったのですが。

その後、私から聞く授業内容を聞いて、選ばなかっとことを、後悔していました。

あ、この記憶の記述に一切の脚色も、ゴマすりもございません。

思い返せば、当時、
受講の相談をされて、センセがお薦めだと聞き入れた後輩ちゃんから。

凄い楽しい、解りやすいと好評化を貰ったのですが。

「あの先生(センセのことです)が、西鶴ヤッテくれたらええのに。。
  それって、無理ですか」と、

江戸文学のエライ、偉い教授の授業がツマラナイ、なんか退屈。
という、抗えるわけの無い、本気の悩み相談も聞かされました。

それは、学生部か、最終的には学長先生に訴えるしかないと思う、
でも、そしたら、〇〇教授の逆鱗に触れるから、やめたほうがエエと思うけど・・
と、宥めましたが。

とにかく、センセのご講義は、とても好評でしたよ。

温情により、わたくしが高評価を頂いたから申し上げているのではなく、これは本当に。ええ、ええ。ノンフィクションです、はい。

🎵押しegoさん

そこまで褒めてくれるのは押しegoさんくらいのものです。
私はガハハと笑ってくれる方が嬉しいのですが。あの美人のお友だちはおとなしそうな印象でした。
西鶴の先生がいらしたのですね。私はF嶋先生とお坊さんの先生しか知りませんでした。F嶋先生はけっこう厳しいのですね。押しegoさんは優秀でしたから、多分最高点だったのでしょう。
でも、押しegoさんの次の学年はテニス部がわんさかきて、彼女たちはもう全然やる気なしでしたよ。
授業のあとに押しegoさんたちと雑談するのが楽しかったです。
押しegoさんのひとつ上の人とは昼ごはんを食べに行ったこともありました。

手強いという、恐怖。

@・・けっこう厳しいのですね・・

かの、ゼミの恩師は。
温厚で、気さくで、慕われるお人柄でしたが。

@・・厳しいというか、鋭さが際立って居られました。

ご講義の中で知らない単語を、ひそっと。 辞書をペラペラめくるのですが。

そういう時、瞬時に、
ああ、、、●〇さんは(わたくし)、何がわかってないのかな?そんなに難しいこと言ってない筈なんですけど。

と、ご講義についていけていないことを暴露してくださいました。

端正で無口な美人の友人は、
アタフタする私をみてゲラゲラ笑ってましたが。。

突き放される冷たさは皆無でしたが。
講義中、アンテナが張り巡らされたような、気の休まらない恩師でございました。

(それが当然だ。でも。居眠りも内職も
沢山しました、心からお詫び申し上げます。)

かの恩師のわたくしへの嫌味?小言の最上級は。

質問、相談には親身になって答えて下さるのですが、毎回。

まあ、あなたは
●〇先生(センセのことです)の、
ほうが、イイ(良い)みたいだから。
僕の意見は聞かなくてイイと思うけど。

という、前置きです。

何処で誰から聞かれたのだろう
一応、大人しくしてたはずやのに。。。
目立つ美人の友人が恨めしい。。

  • [2023/08/27 01:59]
  • URL |
  • 点数は稼げなかった・押しegoです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

押しegoさん

F嶋先生とそんな話をされていたとは。知らぬは非常勤講師ばかりなり。
あの先生、研究会でもお世話になりました。京都の大学に移られて、今は悠々自適でしょうね。

2段、口撃

なぜか、F先生のお小言は、
センセのご友人である、●ず〇先生にも受理されていたようで‥。

滅多に生徒に話しかけてこられない、あの先生に、たまに引き止められて、何のご注意だろうとビクビクしていると。

まあ僕には、聞くことも無いみたいですが、(あら、バレてたのね、ごめんあそばせ・・) 
僕は非常勤じゃないので。
たまには興味もっても、いいと思うよ。

と、もっと強烈なお小言を承りました‥。

〇ず〇ちゃんの、センセへの嫉妬が、何よりもオモロイ、と。
美人の友人がおなかを抱えて笑っていました。

みんな、ひどいわ。。

生徒に感情むき出しで、ご指導なさるって、どうなんだろう・・。

  • [2023/08/27 16:17]
  • URL |
  • 尊敬が伝わらない・押しegoです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

拝復 熊さん様へ

拝復 やたけたの熊さん様
どうぞご負担に思われませんちょう、違う、ようん、ああ、また違う。

とにかく、唐突な無礼こそ、お詫びしたかったのですが・・
ああ、やはり。
デビルな恩師のブログには、デビル度の高偏差値の住民がいらっしゃるのだと…。
痛感いたしました。

以下の簡潔な一文。

@・・・ございます(来年業務連絡でした)

そうですか。な~るほど、業務と課して下さったのですね、

ああ、ハイハイ、そうですか。
今後ともアホなコメントに末永くお付き合い下さいませ。

などという、社交辞令は今後一切、不要だと了解いたしました。

頂いたコメントのお陰様で、
腹式呼吸の声量で・・
う~わ、うっそぉ~(嘘)??!!

と、PCに向かって大声で突っ込ませて頂きました。 

わたしがPCのキーボードで、最も好きなキーは、deleteキーです。
消去っていいわぁ。。
ささ、読まなかったことにしよ‥。 草々

※センセは、無自覚でいらっしゃるでしょうが。。

デビル度数は、間違いなく浸透力が強いと、存じあげます

  • [2023/08/27 16:55]
  • URL |
  • こちらにも尊敬が伝わらない・押しegoです。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

🎵押しegoさん

いやいや、やたけたの熊さんの「業務連絡」はレトリックですよ。デビルなのではなく、熊さんの照れ隠しかと思います。
そうか、押しegoさんの頃はS木さんはもう専任だったのですね。
今はもうお名前も覚えていない美人さん。彼女がケラケラ笑うところを見たかったな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6562-df9986a8