fc2ブログ

獺祭忌 

9月19日は正岡子規の命日です。つまり「子規忌」なのですが、「獺祭忌」「糸瓜忌」ともいわれます。
「獺祭忌」というのは、彼が「獺祭書屋(だっさいしょおく)主人」と称したことにより、「糸瓜忌」は、子規の最後の句に「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」などがあるためにそう言われるのです。
正岡子規は短歌、俳句どちらでも名を残した人で、私も好きな作品があります。前掲の「糸瓜咲て」の句は、やはり呼吸器に持病のある私にとっては他人事にも思えないほどです。
彼が野球好きだったことも、親近感を覚えます。子規が、本名の「升(のぼる」にちなんで

    「野球(のぼーる)」

と称したこともあるのは以前ここにも書いたと思います。「久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも」という短歌があるのですが、素直に野球を愛好する気持ちがあらわれた歌です。

ほかにも教科書にも出ている
  くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる
のような短歌もとても言葉の使い方がきれいですてきです。
  瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり
  人も来ず春行く庭の水の上にこぼれてたまる山吹の花
  足たたば北インヂヤのヒマラヤのエヴェレストなる雪くはましを
  松の葉の葉毎に結ぶ白露の置きてはこぼれこぼれては置く

など、とても発想の面白い歌や子規ならではの写生の歌などさまざまです。
俳句では、

    柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

という著名な句がありますが、彼は柿が好きで、「風呂敷をほどけば柿のころげけり」「柿くふも今年ばかりと思ひけり」などもあります。
松山を詠んだ俳句にもいいものがあります。
  春や昔十五万石の城下哉
  松山や秋より高き天主閣
  名月や伊予の松山一万戸
前述の「糸瓜」の句と同じく彼の最後の句には
  痰一斗糸瓜の水も間に合はず
  をととひの糸瓜の水も取らざりき
があります。
そのほかにも、
  鶏頭の十四五本もありぬべし
  赤とんぼ 筑波に雲も なかりけり
  牡丹画いて絵の具は皿に残りけり
  山吹も菜の花も咲く小庭哉
などなど・・・。作品を挙げているときりがありません。あえてもうやめておきます。
子規の人生はわずか35年。モーツアルトと同じです。最後は苦しかっただろうな、と思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6592-a685a5bf