fc2ブログ

大阪の坂 

大阪という地名は江戸時代には多くの場合「大坂」と書かれました。それゆえに私は、江戸時代の話題の場合には意図的に「坂」の字を使っています。「大坂城」も多くは「坂」を使っているつもりです。
「大坂」を「大阪」にしたのは「坂」の字が「土に反る(つちにかえる)」と読めるので不吉だから、とはよく言われることです。
いずれにしても、もともと大阪は坂が多いのでそれが地名になったようです。たしかに、大阪の街は平野ではあるのですが、大阪の歴史を作ってきた上町台地が南北に走っています。そもそも大昔、上町台地は西に大阪湾、東に河内湾を望む半島でしたから、まさに歴史はこの台地から始まったのです。そこには、先日話題にした「桃山」のように「山」とか「丘」という名前が付くところも少なくありません。「真田山」「夕陽丘」「茶臼山」「帝塚山」などがそれにあたります。そうなると当然坂道が多くなるわけです。
文楽劇場から少し東に行って下寺町の交差点で松屋町筋を右に折れると生國魂神社への登り坂があります。そこを登らずに南に進むと、初代吉田玉男師匠の墓所でありお千代半兵衛の墓もある銀山寺に抜ける

    源聖寺坂

があります。私は劇場から銀山寺に行く場合、どうしても生國魂神社に寄りたくなりますのであまりこの坂は登らないのですが。ちなみに、源聖寺坂を登ったあとさらにまっすぐ東に行って谷町筋に出ると、その少し南側には阪神タイガーズの岡田監督でおなじみの(笑)パイン本社があります。
さらに南には口縄坂。石段が蛇腹のように見えるのでそう言われたという説が有力です。口縄坂というと織田作之助の『木の都』にも登場し、その縁で同作品の一節を刻んだ文学碑も建てられています。
このほか、上町台地に向かう坂道としては真言坂、愛染坂、清水(きよみず)坂、天神坂、逢坂があり、これら七つを総称して

    天王寺七坂

と言っています。
愛染坂や清水坂は松屋町筋から少し東に入ったところにある坂で、それぞれ勝鬘院(愛染さん)や清水寺に通じます。
逢坂は七坂のうちもっとも南側にあって、「合坂」「相坂」とも記されました。この坂の公園北口交差点(天王寺公園の北)には合邦閻魔堂があります。あの『摂州合邦辻』ゆかりの場所です。
先日大阪歩きをしたのは上町台地からその東側にかけての地域でしたが、当然東側も坂が多いです。理屈ではそんなことは当たり前なのですが、実際に行ってみてやっと実感できました。
坂道は地図のような平面的な図では見当が付きませんので、その実態を知るには、やはり歩くに越したことはありません。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6603-2472f802