fc2ブログ

2022年度国語に関する世論調査(2) 

もう少し、2022年度の国語に関する世論調査の話を続けます。
「言葉の意味や使い方がわからないとき、調べたり確かめたりしますか」という問いに対しては「する」が28.8%、「時々する」が54.3%、合計では83%でした。特に、20代、30代では90%以上の人が「する」派でした。
私はもちろん「する」です。知らない言葉があると悔しくて(笑)、紙の国語辞典やパソコンを使って調べます。しかし、今どき紙の辞書を持っている人は多くなく、この調査(複数回答)でも「紙の辞書で調べる」と答えた人は26.7%でした。一番多いのは「インターネットの検索サイト」で63.2%、パソコン、スマホなどの辞書ソフト、アプリがそれに次いで39.8%でした。かつて一世を風靡した電子辞書は10.5%になってしまいました。「紙の辞書で調べる」は、年齢別では70代以上が圧倒的に多く、次いで60代、50代、40代、10代、30代で、最低は20代の4.3%でした。10代がそれを上回っているのは、やはり高校で辞書を使うことがあるからかもしれません。かつては

    広辞苑

などの大きめの国語辞典を置いていた家庭もあったはずですが、今やそういう辞書は図書館くらいにしか見当たらないかもしれません。ちなみに、私も広辞苑は持っていません(ただし、日本国語大辞典を持っています)。
「生活に必要な情報の入手先は何ですか」という問いもありました。選択肢としては「テレビ」「スマホや携帯電話」「パソコン」「新聞」「ラジオ」「チラシ・ビラ・広告」「雑誌」「本や辞典」「タブレット」「スマートスピーカー」「ウェアラブル端末」があり、3つまで選ぶようになっています。
私の場合は「本や辞典」「スマホ」「新聞」だと思います。パソコンはその次に来そうです。
ところが調査では一番多いのが「テレビ」、僅差で「スマホ・携帯」でした。やはり今なおテレビは情報を知る最高の手段なのですね。そのあとはかなり数字に差があるのですが、「新聞」「パソコン」「チラシ・ビラ・広告」「雑誌」「本や辞典」・・・と続きます。過去の、2003年度、2010年度、2017年度の同じ調査に比べると、「テレビ」と「新聞」はかなり減っていて、「スマホ・携帯」が

    大躍進

しています。特に新聞は2003年度調査の半分強にまで減っているのです(ただし調査方法は変わっている)。「ラジオ」「雑誌」「チラシ・ビラ・広告」もかなり減っています。
年齢別では、「新聞」と答えた人は70代以上が圧倒的で、年代が下がるにつれて減っていきます。10代が20代より少し多いのですがこれも学校との関係がありそうです。「テレビ」「ラジオ」もまったく同じ傾向、「スマホ・携帯」は逆の傾向です。
今後も、スマホはまだしばらくは伸び続け、「新聞」「雑誌」「ラジオ」などは凋落していくのではないでしょうか。
前述の「情報の入手先」の中で、言葉遣いにもっとも影響を与えるのは何ですか」という問いもあります。圧倒的なのは「テレビ」。これは過去の調査でも極めて多い数字で、テレビの言葉遣いへの影響力は看過できないものがあります。「スマホ・携帯」はやはり激増しています。最近はTikTokのような動画が大流行し、そこで使われる言葉も影響が強いのではないでしょうか。テレビはまだ正確さの規制もあるでしょうが、TikTokやYouTubeなどではある程度野放しですから、かなりひどい日本語も往々にして見られます。私は字幕を入れた動画をしばしば観ているのですが、かなりひどいものです(自動で入る字幕を用いているから、という事情もありそうですが)。それがまたおもしろいのかもしれないのですが、笑って済ませるのはいささか恐ろしいのです。では「言葉遣いに影響を与える媒体」を若い世代はどう考えているのかというと、最も多いのはやはり「スマホ・携帯」で、「テレビ」と答えた人は10代では69%にとどまりました。年齢の高い人ほどにはテレビを観ませんから、どうしてもそうなるのでしょう。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

広辞苑さん、万歳!!

広辞苑とは。

①それを広げているだけで、幾多の小言を回避できる辞書。

②とりあえず、勉学に励んでいると思わせる書物。

と、広辞苑さんに感謝と共に。
この記載を贈呈したいです。

※あの重さを、野菜の浅漬けの重しに重宝しているなんて、絶対に内緒です。

センセは広辞苑の最新版も、お持ちですか?カタカナ語の説明と由来が、絶妙だそうです。

デジタル版でちらっと覗きましたが、やはり、紙をめくる行為が恋しくて挫折しました。

が、しかし。
あの重さを手に取って、紙をめくって単語を調べる作業・・もう今では。
体のどこかに無理が生じそうだ‥。

灼熱の甲子園に行くことより過酷な気がしております。

※甲子園とこうじえんに、かけました、頑張ったわ、私。

  • [2023/10/18 12:49]
  • URL |
  • 読破したい・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

🎵押しegoさん

うちにはなぜか広辞林がありました。
広辞苑の第七版は割合によく使います。
日本国語大辞典はさらに重く、角川の古語大辞典なんぞ、巻によってはほんとうに重くて、持ったままページを繰るなんて大変です。
広辞苑は重しか枕ですね。
いつもつまらないことばかり書いていますのに、こう支援してくださると、感謝しかありません。

広辞苑さんに罪は無い。

ほぇ~、広辞林さんですか。
そういえば、広辞苑さんには怒られそうですが。
広辞林のほうが分かりやすい説明言葉だった気がします。まあ、好みでしょうが。

お堅い言葉が好きな皆様は、
ザ・岩波!!という看板も含め。
広辞苑を愛でられるお気持ちは、分かる気がしますが。

広辞苑で言葉を調べると。
説明文言の単語も難解で、そのページを開き。
更に、その説明の注釈に気を取られ。

結局、何を調べたかったのか、迷路に入るのは何故だろう。。
(本気で学ぼうという気力が無いからです、ハイ)

広辞苑さんには、何の罪もございません、使いこなせない、わたくしが悪いのでありました。
デジタル版を、本当のゼロ円で拝読する方法が、知りたい・・。
※図書館に交通費を払ってまで、行きたくない‥。

  • [2023/10/22 15:57]
  • URL |
  • ケチるの単語が好きな・押しego。
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6616-fb232f57