fc2ブログ

パーティ、宴会 

学校でそれぞれに興味のあることをする集まりを、今は「部活」「部活動」と言っているようです。しかし昔はそうは言わず「クラブ活動」略して「クラブ」と称していました。
この言葉を使う人はかなり古いだろうと思います。どれくらいの年代以上なのでしょうか。
この秋、懐かしい集まりをしませんか、というお誘いをいただきました。なんと、高校時代の後輩からのお誘いでした。驚いたことに、往復はがきでのお誘いで、いかにも昭和の人たちの集まり(笑)だと思いました。でも、あの往復はがきというのは、欠席する場合でも近況を自筆で書くことがありますから、当日それを持っていけば参加者が回し読みをして「相変わらず汚い字だ」「性格が出た文章だ」などと話のネタにしてもらえる可能性があるでしょう。メールやLINEを知っていればそれで済ませばお金もかからないし早く返事ももらえます。でも、仮に「近況報告」をプリントアウトして持って行っても、昭和世代の人にとってはあまりおもしろみはないように思います。
何人くらい集まるのかは知らなかったのですが、どうも私より2~3年下の人たちが企画したようです。
「クラブ活動」、今でいう「部活」のOB・OG会です。
せっかく呼んでいただいたのですが、私はどうしても参加するのが億劫で、お断りしていしまいました。
顔だけでも出せばよかった、というのはよくわかるのですが、本当に顔だけ出して

    「では、さようなら」

とお別れするわけにもいかないでしょう。
そうなると、とても大きなストレスを抱えてしまうことになり、その集まりが終わった後は体調が悪くなることは目に見えています。こちらから一方的に話すのは平気なのですが、今なお大勢の人の中に入って2時間なり3時間なりを過ごすのは苦手、というよりは苦痛そのものなのです。
以前もここで書いたことがあるのですが私はパーティ、宴会の類はほとんど失礼しています。
忘年会なんてもう25年くらいご無沙汰しています。

    雑誌『上方芸能』

の「望年会」(「忘」の字を使わないところがこの雑誌の特徴でした)以来なのです。まだ森西真弓由美編集長時代で。私が「文楽評」を連載するようになった前後に参加したのでした。
それ以後は忘年会、新年会、歓迎会、送別会の類は一切参加しておらず、誠に付き合いが悪いのです。
職場で嫌われたのも当然(笑)と言えます。
結局あのクラブOB・OG会はどれくらい集まってどれほど楽しかったのか、私は全く知りません。盛会であったのならいいのですが、と無責任ながら思います。
後輩の皆さん本当にごめんなさい、という気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6619-44b73589