fc2ブログ

ダイソーでの買い物 

車が壊れてから、大きなもの、重いものを買うのが億劫になりました。以前なら10㎏の米を買ったりしていましたが、最近は2㎏が精一杯です。24本入りのビールのケース買いなんて遥か昔の夢幻です(笑)。もっともこちらは重いからというより、貧乏生活には贅沢なので飲むのをやめただけですが。
2㎏の米も、近所の店で買わないと重いうえに目立ちますのでいささか恥ずかしい(笑)です。トイレットペーパーは軽いですが嵩がありますので、やはり持って帰るときに人目を気にしてしまいます。
車は便利だったなぁ・・。
もうひとつ、嵩のあるものとして、


    培養土

を買う時が困るのです。20ℓのものなら「軽い培養土」と銘打っているものでも長い時間持ち歩くのは大変です。袋の表面も土汚れがいくらかありそうですので抱えて帰るわけにもいかず、どうしようもありません。
先日、イチゴを植える時にあと2ℓくらい土が足らず、困ってしまいました。やはりある程度の量の土に植えてやらないとうまく根が張れませんから、どうしたものかと思いました。それくらいの量の入っている小さめの袋なら手に持って帰れますが、いつも行くホームセンターは徒歩25分で、いささか面倒です。ほかにもいくつか植物の種や苗を扱っている店はあるのですが、微妙に遠いのです。そこで、ふと、100円ショップに売っている培養土はどうだろうかと思いつきました。やはり品質は劣るといわれ、コバエの卵がついていた、などという話もネット上では見かけます。たしかに、あまり安いものはリスクがあって当然とも言えそうです。
そもそも私は100円ショップというのを平素から使うことがありませんので、感覚的にも

    品質の良しあし

はわかりません。
しかし、まあとにかく行ってみようというわけで、先日近くにある「ダイソー」に行ってみました。品ぞろえは多岐にわたり、独自ブランドでよくもこれだけ作れるものだと感心します。
以前ここで9㎝の育苗ポットを買ったことがあるのですが、それが70個で100円でした。中国産ということでしたが、安すぎではなないかと気になりました。ただ、貧乏人根性でつい買ってしまったのですが(笑)。今回も同じところに相変わらず70個100円で売っていました。たしかに原価は安いでしょうが、それにしても・・。
そして、その売り場のそばに「培養土2ℓ」というのがありました。見たところちょうどほどよい量でした。産地は和歌山県とのこと。どうしようかな、と思いつつ、ついでに欲しかったものと一緒に(この「ついでに」と思わせるところが100円ショップの商法なのだと思います)買ってみたのです。
持ち帰ってプランターに入れてみると、少し多すぎるくらいで十分な量でした。では質は? これでイチゴが育ってくれれば問題ないのですが・・。
100円ショップは安さの驚きと一抹の不安が同居してちょっとスリリングです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6622-892862b4