fc2ブログ

波 

平安時代の都の人たちは、海というものを見ずにその生涯を終えた人も少なくなかったでしょう。平安京のあった山城国は内陸ですから当然のことです。上流貴族の女性たちなどはほとんどその屋敷を動かずに暮らしますから、海どころか、賀茂川さえもあまりよく分かっていなかったかもしれません。紫式部や清少納言のような身分であれば、石山の観音に詣でたり、父や夫の赴任先に同行したりすることはあります。それだけに、その旅先で琵琶湖を見たり、海を目の当たりにしたりすることは十分に考えられます。
『源氏物語』の主人公光源氏は典型的な都の上流貴族ですが、彼は二十代のころに須磨、明石で海を見ていますので、そこで海を題材にした歌も詠んでいます。
その一方、見たこともないのに海や波を詠むこともありました。よく知られるのは今の宮城県多賀城市にあたる

    末の松山

で、もしあなたをさしおいて私が浮気心を持ったら、末の松山を波が越えるでしょう、という意味の
  君をおきてあだし心を我が持たば
   末の松山波も越えなむ
     (古今和歌集)
という歌は、後世に多大な影響を与えました。末の松山を波が超えるなんてありえない、だから私は浮気はしない、というわけです。この歌を下敷きにしたものには、『百人一首』に採られたことでも有名な清原元輔(清少納言の父)の
  契りきなかたみに袖をしぼりつつ
   末の松山波越さじとは
があります。「末の松山を波が超す」というと、それだけで「浮気心を持つ」という意味になるのです。実景がどうこうではなく、浮気心を「末の松山」という

    「記号」

で表したものと言えるでしょう。
どこからくるのはわからない波。穏やかで、飽きることなく寄せては返す波。しかし平安時代にも起こった東北宮城沖地震では人の命も呑み込んだはずの恐ろしい波。
十一月は、私にとって怒涛の一か月だったと、このブログに書きました。そう、これもまた「怒涛」という「涛(波)」なのです。
「波」という言葉を用いた慣用句にはいろいろあります。「波乱万丈の人生」「秋波を送る」「荒波にもまれる」「波風が立つ」「波にのまれる」などなど。海を知っていた人、見たことはなくてもうわさに聞いた人。それぞれの人にとって波は不思議な力を感じさせる自然現象だったのでしょう。
そして、この二か月の慌ただしい日々を終えた私が今一番感じているのは「寄る年波」なのです(笑)。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6660-49bcf748