fc2ブログ

2023年12月文楽東京公演初日 

文楽東京公演と鑑賞教室が、東京都足立区にある千住のシアター1010で初日を迎えます。
公演のほうは、
 源平布引滝 (竹生島遊覧、九郎助住家)
で、織太夫・藤蔵、芳穂太夫・錦糸、文司、玉志、玉助らの出演。
鑑賞教室は
 団子売
 傾城恋飛脚(新口村)
で、藤・燕三、呂勢・宗助、簔二郎、勘彌らの出演です。
この劇場での文楽がどんな感じなのか、演者の皆さん、お客さんの反応が楽しみです。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

シアター1010

先日、北千住のシアター1010での文楽公演に行ってまいりました。太夫やお三味線、人形遣いの方々の実感はわからないのですが、素人の感覚として・・・(一階席のみ販売なので一階)真ん中ほどの席で、太夫さんのお声もよく通り、お人形もしっかり見ることができ、楽しかったです。ただ、黒御簾というのか?太鼓などの音の伝わり方があまりよくないようにも思えました。
舞台はこじんまりしている印象でした。

とにかく文楽を見に来れたこと、聴きに来れたことが嬉しかったのですが、たまたま出会った知人に指摘されて気づいたことは、会場までの案内やポスターが本当になかった。きっと広告料が高いのでしょうが、駅やマルイのエレベーター内にポスターなどがあると、告知にもなるでしょうね。でも、予算も限られているのかもしれません。

マルイというデパートの上に区の事務所があり、さらにその上の階が立派なシアターになっていました。デパートの上にのぼっていくというのは不思議な経験でしたが、食べるところも少なかった半蔵門と比べると、ここなら観劇後もお話がはずむようなお店がたくさんあると思います(デパートのレストランもあります)。文楽劇場にホテルはいらない気がしますが、しかし、デパ地下があったのはありがたかったです。というのも、観劇後にデパ地下で安くなったお惣菜をゲットして、観劇でしわ寄せが来た家族のご飯のメニューを誤魔化せたから・・・笑。
以上、ハコについてのご報告でした。
(内容については、通の方におまかせです。)

🎵おみつさん

ありがとうございます。
なかなか便利な面があるのですね。それは良かったです。音が良いというのはほかの方もおっしゃっていました。
ただ、私が聞いた方は入りが薄かったとのことで気になっていました。2月はまた別会場ですね。

お客の数ですが、鑑賞教室は満員でした(もちろん学生さんが半分以上でしたが)。
『源平布引滝』は私には7割は入っているように見えたのですが(少なくとも65%)・・・平日の夕方でした。
国立と座席の並び方が違って、まだ目が慣れていないので確かではないのですが・・・。

実は、職場の若者に宣伝したところ、お友達と来てくれて、鑑賞教室の日に会場でばったり会いました。嬉しかったです!これからも職場で宣伝します!

🎵おみつさん

重ね重ねありがとうございました。
では、私が聞いたのはその日だけ、たまたまのことかもしれませんね。
とはいえ、満員札止めが常態だったかつての面影は薄れていますね。
おみつさんは地道に宣伝してくださるので、文楽の皆さんもお喜びでしょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6665-0db700e3