fc2ブログ

「引窓」の想い出 

文楽十一月公演の演目の中に『双蝶々曲輪日記』がありました。相撲取りの濡髪と放駒が登場しますが、眼目になっているのは人を殺めてしまった濡髪が八幡の里にやってきた場面、つまり「引窓の段」です。今回は「欠け椀」と呼ばれる端場を小住大夫・勝平がつとめ、切場は呂太夫・清介でした。
継子の南方十次兵衛(南与兵衛)と実子の濡髪長五郎の間に入って母親が悩みます。役人に取り立てられた十次兵衛、殺人を犯してこの家に逃れてきた長五郎。十次兵衛は役目柄長五郎を捕らえねばなりません。目立つ特徴である

    ほくろ

をしっかり描いた長五郎の絵姿(人相書き)を、十次兵衛は各村に配らねばならない立場です。それを配られたら、それでなくても大男の長五郎だけに、たとえこの場を逃れられたとしても長五郎の身の上は危険極まりないでしょう。そして、義母と話しているうちに、十次兵衛は長五郎がこの家にかくまわれていることを察します。危機一髪です。
そのとき、母は「与兵衛、村々へ渡すその絵姿、どうぞ買ひたい」と願います。呂太夫師匠がまだ英太夫時代に語られたとき、この「与兵衛」という表現を、すでに引退されていた越路師匠がとても褒められた、という話を『文楽 六代豊竹呂太夫』でインタビューしていた時にうかがいました。それだけに、今回の公演もきっとすてきな語りだったのだろうと思っています。
私にとって、この演目の雛型は、ほかならぬ

    四代竹本越路太夫

のものでした。
若気の私は生意気な文楽ファンでしたから、あまり芝居にのめり込んで感動の涙を流すということはなかったのですが、この越路師匠の「引窓」で初めて我知らずの内に涙を流していたのです。
そのときの越路師匠の語りがどういうものだったのか説明せよと言われても、残念なことにもう覚えていないのです。それでも、芝居の中に自分が溶け込んでいったことや気がついたらほろりと涙が落ちていたことは忘れられません。
浄瑠璃っていいものだな、と初めて思わせてくれたのも子の語りだったかもしれません。
そのときの「欠け椀」は五代目呂太夫さんで、人形は十次兵衛が先代玉男師匠、おはやが簔助師匠、長五郎の母は玉五郎師匠、長五郎が文吾さん(玉幸さんとうってがえ)でした。あの日、劇場から帰る道はあまりの感動で、何も言えない(一人ですからしゃべったらおかしいのですが)まま、ぼーっとしたまま帰ったように思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6668-4bb817a5