fc2ブログ

女性技芸員 

文楽の技芸員さんはすべて男性です。女性は入れてもらえません。
研修生の応募資格にも「中学校卒業(卒業見込みを含む)以上の男子」と明確に記されています。
ところが、今や研修生に応募する男子はめっきり減り、このところはゼロというありさまです。これでは文楽の未来は暗澹たるもので、何とかしなければなりません。昨年から夏休みなどに体験する機会が提供されていましたが、こちらは女子も可ということでした。体験はできてもプロにはなれない、というのはどこか理不尽に思えます。教えるほうだって男子に関しては何とかプロになってもらおう、という気持ちでしょうが、女性は「ファンになってね」で終わってしまいそうです。
この体験などを通して男子が入門してくれば技芸員の確保はできるでしょうが、現実にはいかがなものでしょうか。そこでしばしば出てくるのが、文楽にも

    女性を採用

すればどうか、というアイデアです。
以前は男性のもの、という印象が強かった落語家でも最近は女性がずいぶん増えています。電車の女性乗務員さんも昔は見たことがありませんでしたが、今は普通にいらっしゃいます。女子マラソン、女子サッカー、女子ラグビー、女子ボクシングなどもあたりまえになってきました。
文楽も女性が加わる日が来ているかもしれません。太夫さん、三味線弾きさんはプロの方もいらっしゃるのは周知のことです。豊竹呂太夫さんのお弟子さんとしては呂秀さん、呂響さんらが活動していらっしゃいます。竹本駒之助さんや鶴澤津賀寿さんなどは人間国宝にまでなっていらっしゃいます。技芸が不足するということはないように思います。声の大きさという点では私は小さなホールでしか聞いた経験がありませんのでよくわかりませんが、大丈夫なのではないでしょうか。

    オペラ歌手

を見ているとそうとは思えないのですが。三味線もじゅうぶん行けそうに思います。
人形は背の高さ、手の長さ、腕力の強さなどで大きな人形は扱えないかもしれませんが、小ぶりのもの、女性の人形などであれば対応できるように思います。各地の人形浄瑠璃でも女性の人形遣いさんはいらっしゃいます。能勢の人形浄瑠璃でもそういう方はいらっしゃいますね。足遣いのうちは男性の先輩とからだをくっつけて動かねばなりませんが、いまどきそれくらいで問題になることはないようにも思いますし、組み合わせを考えればうまくいくのではないでしょうか。
セクハラはどの世界でも厳しくなっていますから、文楽でも厳密に対処すればよいでしょう。
すぐに切場を語ったり弾いたりするわけではありませんし、主役の人形を持つわけでもありませんから、試してみる価値はありそうに思います。もちろん、伝統とか歴史とかいうことを問題にすると「前例がない」と言われますが、それでも滅んでしまうより前に手を打つことも大事だと思います。
オーケストラでは、外部の人に出演してもらう(いわゆる「トラ」「エキストラ」)ことがありますが、東京公演の時だけ、大阪の時だけのように常時出演するのでない形もありそうに思えます。
ひょっとすると「女性技芸員」という言葉を口に出すことすら「タブー視」されているのかもしれませんが、考えても良いのではなかろうか、と思います。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6743-cb71e2c4