fc2ブログ

結核 

私は一度、結核を疑われたことがあります。具体的なことは忘れましたが、病院で「血液検査で結核の可能性があるから、一週間、誰とも会わずに部屋にこもって生活してくれ。詳細に検査して結果を報告する」と言われたのです。
さすがに血の気が引きました。部屋で一人になると結核療養についてあれこれ調べました。専門病院のこととか、そこでの生活とか、投薬の実際とか、治療期間の長さとか、さらには収入の道が途絶えて生活が不如意になることとか・・。調べれば調べるほど寂しさやむなしさに駆られるようで、だからといって(部屋を出られないのですから)発散するすべもありませんでした。長い長い一週間でしたが、結果は

    陰性

ということでホッとしたものです。
結核で亡くなった人として有名なのは、沖田総司(?)、高杉晋作、竹久夢二、新美南吉、山村暮鳥、瀧廉太郎、織田作之助、高村光太郎、梶井基次郎らがいますが、歌人にも少なくありません。有名なのは樋口一葉(彼女は小説家として有名ですが、歌人でもありました)、正岡子規、長塚節、石川啄木、前田夕暮といった人たちでしょう。
子規は「いちはつの花咲き出でてわが目には今年ばかりの春行かんとす」「瓶にさす藤の花房みじかければ畳の上にとどかざりけり」などを病床で詠んでいます。
白樺派の歌人である

    木下利玄

も結核で亡くなった一人です。
この人は東京帝国大学国文科の出身で、卒業論文は近松門左衛門でした。四人の子を持ちながら三人までが夭逝するという悲しみを味わっています。唯一長く生きた三男が誕生した時には、利玄はすでに結核を病んでおり、その三年後に39歳で亡くなっています。養父(伯父に当たる)は備中足守藩最後の藩主で明治になって子爵となりました。やはり子爵の家柄であった武者小路実篤とは学習院の同級で、志賀直哉は実篤や利玄より2歳年長でしたが2度落第したため同級となりました。利玄はその関係から白樺派に属したようです。
この人の作品は平明なものが多いこともあって、教科書にもしばしば掲載されてきました。
 牡丹花は咲き定まりて静かなり
  花の占めたる位置の確かさ
 曼殊沙華一むらもえて秋陽つよし
  そこ過ぎてゐるしづかなる径
など、難しい言葉や技巧がない歌です。
利玄は結核を病んでもそのことを歌にせず、晩年は写実的な自然を詠むことをよしとしたようです。
 山畑の白梅の樹に花満てり
  夕べ夕べの靄多くなりて
という歌は亡くなる直前のもの(利玄は1925年2月15日没で、それより少し前の作)ですが、そういう切迫した事情をあまり感じさせないと思います。むしろまだ寒い時期であるはずなのに温かみすら感じさせる歌だと思います。
前川佐美雄は利玄のことを「肉体とは別に利玄は心の健康な心の暖かい人だった」(『秀歌十二月』)と言っています。
今も結核は怖い病気ですが、薬が開発されていますので、早期に投薬治療を始めると多くは完治します。多くの才能が若くしてこの病気で失われたのは誠に残念です。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6745-995f16f6