fc2ブログ

編集後記 

2月に提出した短歌雑誌の原稿には、短歌作品(自分のものだけではなく、私の手元に送られてきた同人たちの作品をまとめたもの)、書評(というか、書籍紹介)、『源氏物語』のエッセイ(連載33回目)に加えて、編集後記もあります。実際の編集業務はほかの同人がほとんど担当してくれるのですが、私は立場上、いかにも私が編集しましたという顔で(笑)こういうものも書かねばなりません。
編集後記では、新たに加わってくださったメンバーを紹介したり、創作意欲を高めるための文章を書いたりしますが、それに加えて世の中の動きについても書くようにしています。
例えば、前回(昨年11月執筆)のものでは、野球の日本シリーズやラグビーワールドカップにからめてスポーツと短歌のことを書き、あわせてスポーツの持つ「平和の戦い」に対してウクライナやガザの

    「人類を破滅させる戦い」

の危機についても触れました。
その前の昨年8月執筆のものでは、国連のグテーレス(人名表記は国連広報センターに従う)事務総長による、気候変動に関する各国の真摯な対応を促すための「global boiling」つまり「地球規模の沸騰」という言葉に触れました。そして、それでもまた飽くことなく武器や核保有が議論される現状について、ペンを持つ者として抵抗し、発言し続ける使命についても書きました。
こういうことが、短歌の雑誌に何のかかわりがあるかと思われるかもしれません。しかし、短歌とて現代社会の中で生きているわけですから、時代の動向と無縁ではいられないという意識を持つためにも必要なことだと思っています。
そして今回の編集後記には、

    東京国立劇場

の建て替え問題に対する短い見解を書いておきました。それは以下のとおりです。

東京国立劇場が建て替えのために閉場されました。この劇場を東京公演の本拠地としていた文楽は足立区のシアター1010などに間借りする形で公演を続けていますが、どうしても不満の声があがります。建設予定の新しい劇場はホテルなどを併設する計画で、高層ビルの中に劇場が入るイメージです。しかし、伝統文化の聖地の再建に「経済性」を追求することには疑問を感じます。建設事業の入札は不調で、このままでは劇場再開は予定よりはるかに遅くなりそうです。その間にこれまで足しげく通っていた客層の芝居離れが進んだり若者の伝統芸能への関心が薄れたりしないかという危惧も抱きます。文化国家が自国の伝統を守ることは極めて重要な課題です。建て替えの再考の余地はほんとうにないのでしょうか。

また、どうしても許せない気持ちがあって、政治家の言葉遣いにも短く触れておきました。

政治家の言葉を危ぶみます。パーティ券のキックバックを「還付金」と言い出しました。堂々と「私は~する」と言うべきところを「~しなければならない」と評論家のような口ぶりになる人もあります。「ごまかし語」だと私には思えます。

今回こういうことを書いたのは、伝統芸能にせよ、言葉の問題にせよ、短歌とは切っても切れない問題だと思ったからです。字数制限が厳しいですからどうしても舌足らずになってしまいますが、これからも記録すべき大切なことを書いていこうと思っています。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村
↑応援お願いします
jyorurisakushaをフォローしましょう

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/6756-14827bd6