観客 

私どもは文楽の観客であり、聴衆であります。
このブログもその視点から書いているつもりなのです。
しかし、ふと思うのは、不特定の人に開かれているブログを読む人の中には

    文楽の技芸員さん

がいらしてもちっともおかしくないということです。
最近の若い技芸員さんにとって、パソコンなど珍しいものでも何でもないわけで、文房具のひとつとして自宅に置かれる方は少なくないでしょう。
早い時期に鶴沢八介さんがホームページを開かれましたが、今もなおあのページのデータは貴重なものでしばしば参考にさせていただいています。
そして、それ以後も多くの方がご自身のHPを持たれるなど、パソコン愛用者になられているはずです。

さればこのブログも時にはどなたかのぞいてくださっている可能性はありますよね。

  くだらない!  まちがってる!  無礼だ!

など厳しい目で見られているかもしれません。
普段見られている人が見る人に、見る人が見られる人になるわけです。

実際、某技芸員さんがブログをしばしば見ているというお話をうかがったこともあります。
私のところに来られているかどうかは存じませんが。

立場上、コメントをするのは難しいだろうと思うのですが、ひょっとしたらさりげないHNを使って素人のフリをしてコメントされていたりして(笑)。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

私はこう見えても(どう見えてる?)実はアナログ人間でして、パソコンは苦手なのです。
ブログも全く意味も分からずに作り始めているので、機能なんてさっぱりわかりません。
プラグインもほとんどつけてないでしょ。きらいなのではなくて分かっていないのです(笑)。
そのため、時として常識はずれな表現をしたり、舌足らずな物言いをしたりしていることがあると思います。でも、もとより悪意はありませんので、お許しいただければ幸いです。

今このブログをのぞいている

    技芸員のあなた!

どうか、

    温かく広いお心で

読み流してください(笑)。
でも、他のブログの皆さん同様、この芸能を愛し、発展させたいと思う心には変わりないのです。

どうぞいつでものぞきにいらしてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/701-fffd6c91