fc2ブログ

講座風景 

先週から始まった公開講座の風景を点描いたします。
この講座では、百人一首の注釈書のひとつである

        百人一首抄

という本を影印本(原本を写真で撮って複製にしたもの)で読もうというものです。
当然活字ではありません。
1406年、今からちょうど600年前に書写されたものなのです。
これをテキストにすることで、いわゆる「変体仮名」を読めるようにしましょう、というのがひとつの目的です。

    Save0003.jpg

    こんなかんじです
(クリックして拡大してご覧ください)


にほんブログ村 演劇ブログへ
↑「今日の記事、まずまずかな」と思ったらクリック!

受講生の皆様はとにかく

        熱 心 !!

反応がすばらしいです。
資料を配布します、と申し上げると、さっと立ち上がる方があって、全員に配ってくださったり、講座が終わるとすぐに質問に来られる方がいらっしゃったり、板書を消してくださる方があったり。
これはどんな講座や講演でも体験することですが、見習うべきことだと思います。
私のような者の講座でさえこのとおりです。まして、より魅力的な講座ではどれほどの充実度なのでしょうか!?

スポンサーサイト



コメント

熱心

受講生が熱心なのは嬉しいことですね。
講座が魅力的だからだと思います。
年配の方が多いのでしょうか?

ちがうかな?

いや、私のはいい加減なのです。
面白い人は人気があるようですよ。

おみかけしたところ、40~70代かなと。
違ったらごめんなさい!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/93-b1be0d1f